メイン画像
プロフィール

妊婦と青汁の関係性


妊娠すると、誰でも体の変化に気がつくと思います。
それは女性ホルモンの働きが急激に変化したり、胎児が大きくなるにつれ、
内臓を圧迫したり、うっ血しやすくなるので浮腫症状などが出やすくなります。

しかも臭いに敏感になったり、つわりが酷い人はご飯を食べることすら無理になる場合もあると思います。
しかし、お腹の赤ちゃんの発育には栄養が必要です。
食べないわけにはいきません。

そんな時、簡単に栄養分を吸収出来る青汁が役立ちます。
臭いや味に敏感なのに青汁なんてとてもじゃないと思うかもしれません。
でも、実は青汁の中には妊婦さんに必要な栄養分が沢山入っています。

妊娠時には、貧血になったり、便秘をしたり浮腫が起こりやすくなります。
妊娠した人の多くは、このような経験をした人が多いのではないでしょうか。
このような症状を改善させる成分が、青汁には含まれています。

また青汁の嫌な苦味を出しているのはケールという野菜です。
クセがあり苦手な人が多いと思いますが、青汁の中にも色々な種類の物が最近では増えています。
中でもホウレン草が主成分の青汁を選ぶと、クセがなく飲みやすいと思います。

妊婦さんにはホウレン草というくらい必要な栄養分が入っています。
しかしホウレン草など火を通して食べる野菜は、調理する際に栄養分がほとんど逃げてしまうのです。
それが青汁だと栄養分を効率よく吸収することが出来ますので、貧血予防に効果があります。

また青汁には、葉酸が多く含まれています。
この葉酸は胎児の神経系の発育に不可欠なもので、葉酸を多く取ると良いと報告されています。
野菜に含まれている食物繊維で便秘に効果があり、便秘になりやすい妊婦さんが多いのでとても効果があります。

血液をサラサラにする効果も青汁にはありますので、妊婦特有の浮腫にも効果があります。
最近の青汁は、本当にクセがなく抹茶のような風味ですので、食欲のない妊婦さんには特におすすめです。
自分に合う青汁を選び、妊娠中に必要な栄養を摂取しましょう。