メイン画像
プロフィール

青汁には副作用の心配は無いの?


青汁はとても健康にいいもの、そういうイメージを持っている方は沢山いるのではないでしょうか。

もちろん間違いではありません。
青汁は野菜から作られたもので薬ではないので、基本的に副作用というものはありません。
しかし、一歩飲み方を間違えると、体に不調をもたらしてしまうことがあります。

青汁は体に良いからと、飲めば飲んだだけ体に効くというものではありません。
青汁は飲みすぎると下痢を起こしてしまう人もいます。
これは、青汁の中に含まれる食物繊維の働きが効きすぎてしまった結果だと言われています。

一日に飲む量は、コップ半量から2杯くらいまでにしましょう。
しかし、量を守っていても下痢になってしまう方もいるようです。
そのような方は、最初は少量から始め、だんだん量を増やしていき、体に慣らしていくといいでしょう。

また、青汁を飲んで便秘になってしまうという方もいるようです。
これは、青汁を飲んだ為消化が良くなったことが原因ではないかと言われています。
そういう方は一日に飲む青汁の量を少し増やしてみるといいかもしれません。

青汁の中にはカリウムを多く含んでいるものもあります。
腎臓に障害がある方がカリウムを摂取しすぎると高カリウム血症になってしまう恐れがあるので注意が必要です。

また、心臓や脳、血管に何らかの病気がある場合も注意が必要です。
これらの病気を抱えている方は、治療としてワーファリンという薬を処方されている可能性があるからです。

このワーファリンの効力が青汁に含まれているビタミンKによって弱められることがあります。
ですから、これらの病気を抱えているが青汁を飲む時は医師への相談が必要です。

このように青汁は重大な副作用があるというわけではありませんが、
体にとっていいものである青汁も適量を守らなければ不調をきたすことがあるのです。
せっかく健康を思って青汁を飲むのですから、量を守って飲み、健康な体を手に入れましょう。
青汁飲用時の注意について紹介しているサイトもありました。ぜひご覧ください。