メイン画像
プロフィール

青汁を摂取する最適な時間


青汁の効果をよりよくするために、いい時間ってあるのでしょうか?
ネットで調べてみたのですが、千差万別です。
夜飲むのがいいという人もいれば、それは避けましょうという人もいます。
青汁の販売会社などを調べてみると、とくにこれがいいという時間はないそうです。
青汁をいつのめばいいのでしょうか。
それらを少しまとめてみたので、参考にしてみてください。

先にも述べたように、青汁はいつのめばいいかという時間帯はとくにありません。
よく言われるのが美肌効果を高めたいのであれば、お肌のゴールデンタイムである22時までに飲むといいともいわれます。
生活リズムによって、それは避けたほうがいい人もいます。
というのも夜寝る前に何か食べたり飲んだりすると、少なくとも寝ている間胃や腸に負担をかけることになります。
寝る前に水分を多くとってしまった場合、むくみになって現れることもあります。
逆に寝汗のための水分補給として、水分をもとから取っている人には、青汁にかえてもなんら問題なかったりします。

そうなのです。
ですので生活リズム、個々の体調に合わせて飲むのが一番なのです。
朝の場合でも同じです。
例えば、朝起きた空腹時に摂取すれば、胃は空っぽであれば成分は吸収されやすかったりしますね。
また朝起きてすぐに冷水じたての青汁をのめば、胃腸が刺激され快便を促すこともできます。

しかし、胃腸が敏感な方はそれだと刺激が強すぎる場合があります。
青汁は大麦若葉やケールなど食物繊維が豊富です。
胃腸の弱い方は例えば、朝ごはんと一緒にとるとか、あたためて一杯頂くとかするといいでしょう。

なかには、脂肪成分を吸収しやすい桑の葉でできた青汁もあります。
そういったものはダイエットとして、ケーキなど脂肪分の高い甘いものをとった直後にとりましょう。
脂肪分の吸収を抑えてくれる効果があったりもします。
こちらのサイトの食物繊維でダイエット効果のページも大変参考になります。


一番は飲む時間ではなく「毎日習慣づけてとる」ということです。
残念なことに人間は、ビタミンを多くとっても明日のビタミンとして貯蓄することはできません。
毎日、同じ栄養素をとるのが一番なのです。