メイン画像
プロフィール

痛風にも効果がある青汁


痛風は激痛を伴うつらい病気です。

そんな痛風に効き目があるとされている一つが青汁です。
血液中の尿酸値が一定を越えた時に痛風は発症します。

関節炎の一種で、増加した尿酸値は体の端末に蓄積します。
末端に移動する途中の関節を通過する激痛から痛風というそうです。

足の親指などに溜まりやすく、その痛みは歩行困難な状態を引き起こします。
痛風の治療にはビタミンAの摂取が有効です。なぜならビタミンAは尿酸値を下げる効果があります。

そんなビタミンAを豊富に含んだ材料で作られているのが青汁なのです。
痛風対策としては素晴らしい飲み物といえるでしょう。

最近の青汁は飲みやすくなっています。
それぞれの会社でいろいろな特色や味がありますので、1回であきらめずに何度でも様々な種類を試しましょう。
はちみつを混ぜたりして自分なりに飲みやすくすることもできます。

しかしどうしても駄目で、口に含むだけで吐くとなると最終的にはお料理に混ぜればいいでしょう。
幸い熱で壊れる栄養素の高さではないらしく、
実際にレシピ本が出せるのではないかとまで実践されている人もいらっしゃいます。
その人は青汁をメーカーで使い分けてまで作っていらっしゃるほどです。

甘い物から主食、おかずにと多岐に渡ります。
甘い物が好きならホットケーキやカップケーキやプリンに、和の甘い物なら寒天やういろうなどもあります。
小腹がすいた時につまめる焼きおにぎりや卵サンドなども青汁入りで、食べられるようになっています。

そんな風に苦労して青汁を摂取しても食生活も改善しなければ意味がありません。
また青汁を摂取する分だけの食事は落としたらダイエットにもなり足への負担も少しは軽くなるかもしれません。
まさに一石二鳥です。

尿酸値を下げるにはプリン体の多い食事を控える必要があります。
プリン体は生き物に多く含まれるので肉や魚などを控え、ビールなどもやめた方がいいでしょう。
野菜中心になりますが、治ったら青汁片手に食べる気持ちで頑張ってください。