メイン画像
プロフィール

「ふるさと青汁」


「ふるさと青汁」は八条島で丹精込めて作られた「明日葉」を主成分としています。

それに加えられるのは伊豆諸島大島産の「明日葉」に
熊本県産の「大麦若葉」と島根県の「桑の葉」をバランスよく
「明日葉」の栄養素を生かしたままにバランスよく作られました。
しかもすべてが農薬や化学肥料に頼らない方法で作られた国内産ばかりです。

一番の注目は主成分が「明日葉」ということです。

実は野菜の王様で栄養素が抜群の「ケール」よりも「明日葉」の方が栄養素が上回っています。野菜の大王様です。
しかも「カルコン」という成分が含まれており、それは体のむくみとなる老廃物をすっきりと洗い流してくれる力があります。

また「クマリン」という成分は抗菌作用があります。
また味も「ケール」よりもクセが少なく飲みやすくもあります。

「ふるさと青汁」は緑茶や抹茶のようで飲みやすく、青汁という感覚があまりない青汁です。
青汁が嫌いな人でも試せると思います。

また体の老廃物を排出するという効果はむくみやセルライトの解消にもなり、便通もよくなります。
体の内側から綺麗になるので、肌荒れの解消やダイエット効果もあります。
その点では女性に人気の理由もわかります。

飲みながらマッサージをするとその中にある老廃物が「明日葉」の中の「カルコン」が体を巡ることによって押し出されます。
ですからセルライトや二の腕などに悩んでいた人が解消されたというのです。

ただし結果が出るまで飲み続けなければなりません。半年ほどはかかるとお考えください。

野菜不足という点でも「ケール」以上という「明日葉」や「大麦若葉」に「桑の葉」という
万全の栄養素が高いためか1袋が3gという、
青汁愛好者にとっては物足りなく感じていらっしゃるほどです。
ですが初心者にはお勧めです。

また、この「ふるさと青汁」には続けると動機や息切れがなくなってきたという声もよせられています。
心臓病の予防効果があるため(予防であって治療薬ではありません)ですが、大切なものを守ってくれるのは嬉しい効能です。