メイン画像
プロフィール

青汁のメリット・デメリット


どんな商品にもメリットとデメリットがあります。
もちろん青汁にもあります。
どういったものがあるのでしょうか?

まずメリットです。
とても有名なメリットは栄養豊富な点です。
原料に使われている野菜、ケールは現代の食生活で不足しがちな栄養素(ビタミン・ミネラル・食物繊維)をたっぷり含んだ優秀な野菜です。 栄養価が高いので健康維持、ダイエット、美容にも効果的です。
食物繊維豊富なので腸内を整えてくれます。 便秘解消にも良いですね。

実は青汁は千年もの歴史があるのです。
昔から健康飲料として飲まれており、貴族だけでなく庶民にも愛飲されていました。

野菜が原料なので野菜不足が気になる方にもよい食品と言えるでしょう。

今では、通信販売などで簡単に手に入るのもメリットですし、味も飲みやすいものが増えています。
お子様から年配の方まで栄養補助に取り入れていただけます。

デメリットはやはり「飲みにくい」というイメージが強いことでしょう。
先ほども申し上げた通り、飲みやすい商品も増えていますが
「青汁=不味い」というイメージが強いため、飲み始めるのに勇気がいる人もいます。
気になる方は口コミなどを参考に飲みやすい青汁を選んだり、ハチミツなどを混ぜて飲んでもよいでしょう。

次に「お金がかかる」点です。
どんな食品もお金がかかりますが、青汁は市販のサプリメントと比べて少々値がはります。
しかし、健康を考えると、病気になるより青汁を飲んでいた方が安く済む点はメリットと言えるかもしれません。

ところで、青汁には冷凍タイプと粉末タイプがあります。

冷凍タイプのメリットは粉末タイプに比べて栄養価が良いことです。
これは液体から粉末にすることで栄養価が落ちるからです。
粉末タイプのメリットは携帯出来、保管が簡単な点、青臭さは粉末タイプの方が弱い傾向にあります。

どちらを選ぶかは、ライフスタイルに合わせて選ぶとよいかもしれませんね。
こちらのサイトの貧血・冷え性対策に効果的のページも参考になりますので、ご覧ください。