メイン画像
プロフィール

「乳青」


「乳青」は「植物性乳酸菌」で「オリゴ糖」と「食物繊維」を生きたまま腸に届けることを主とした青汁です。

青汁としての野菜である「大麦若葉」「ケール」「抹茶」は「植物性乳酸菌」と相性のいいものから選ばれています。

「植物性乳酸菌」「オリゴ糖」「食物繊維」が生きたまま腸に行くことによって、
腸内の善玉菌である「ビフィズス菌」を増やし、悪玉菌である「大腸菌」をなくしてくれます。
「ビフィズス菌」が増えることにより、腸の動きが活発となり、便秘などの症状がなくなり、腸内美人になります。
「乳青」の特徴は乳酸菌との配合であり、すなわち便秘解消です。

味の方は甘く、逆に甘い青汁とはと首を傾げる人もいます。
これは原材料に「粉末還元麦芽糖水飴」多くが入っているためです。

とかく腸内環境を整えるのに特化した青汁で、便通がよくなることでぽっこりお腹もなくなり、
体内が整えられることで吹き出ものができにくくなるといわれています。

甘みがある珍しい青汁のため、お菓子などに使うと甘みがない青汁で作るお菓子とは比べ物になりません。
そのため甘すぎることで飲むことに抵抗がある人でも美味しく食べられますし、
子供のおやつ作りにはぴったりかもしれません。

実際に飲むだけでは飽きがこないようにとお菓子に変えられている人もいますし、
プレーンヨーグルトの中に入れて、ヨーグルトに甘さを足される方もいます。

皆さんの声でも多く寄せられているのは便通の効果です。
ただし青汁ですので野菜不足も補われています。

「植物性乳酸菌」に目がいきがちですが、野菜の栄養素のトップである「ケール」をきちんと使用した上で、
飲みやすい「大麦若葉」と「抹茶」で仕上げたシンプルな味はだからこそ甘みを際立たせることになったのでしょうか。

体の内側を綺麗にすることで、外見も綺麗にするというのが、女性雑誌に取り上げられた経緯なのかもしれません。
味も女性向けだったのも大きいでしょう。