メイン画像
プロフィール

野菜が苦手な人は青汁で補いましょう

野菜苦手な人、いませんか?

野菜は子供の頃から苦手で大人になっても苦手なままの人も多いですね。
でも野菜不足って意外と深刻な問題なんです。

野菜不足は便秘・ニキビや吹き出物などの肌荒れ・ストレスを引き起こすだけでなく、
高血圧や糖尿病・脳卒中などの生活習慣病までも引き起こしやすくしてしまいます。
厚生労働省によると1人あたりの1日の野菜摂取量は350グラムが理想とされています。

野菜が大好きな人ならともかく、普通の人でも取りにくい量です。
野菜が嫌いな人には無理な話ですよね。

健康のために明日から野菜を食べよう、となればよいのですが、苦手な食材はそう簡単には克服できません。

そこでおススメしたいのが「青汁」です。
「野菜の青臭さが苦手なのに青汁なんて絶対無理!!」
と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、飲みやすいタイプも市販されています。
臭みが押さえられた飲みやすいものを選ぶとよいでしょう。
青汁には栄養素がたっぷり含まれています。

野菜で補いたいビタミン、ミネラル、食物繊維を青汁で代わりに補いましょう。

青汁にも様々な種類が販売されており、よく耳にするのはケール・レモン・大麦若葉・明日葉・抹茶あたりでしょうか。

一番有名で人気のケールの青汁を例に挙げてみると
食物繊維はセロリ1.5本分
カルシウムは牛乳1本文
ビタミンAはトマト4コ分
ビタミンEはピーマン6コ分と同じ栄養価なのです。

いかに栄養価が高いか分かりますね。
ピーマン6コにトマトが・・・
一度に食べれそうもない量ですが、青汁なら簡単に飲めちゃいます。

他に、明日葉はビタミン、ミネラルが豊富ですし、
レモンは抗酸化作用が有りますので美肌効果があり、アンチエイジングにも効果的です。
大麦若葉は比較的飲みやすく、ミネラル・ビタミン・食物繊維・ポリフェノールが豊富です。

たったコップ1杯飲むだけで栄養素が取れる青汁は野菜嫌いの人の救世主といえるでしょう。

青汁は色が緑なので抵抗ある人は、最初ヨーグルトなどに混ぜて摂取してみてください。
とっても飲みやすいですよ。

青汁を飲むことで少しでも野菜嫌いの克服に繋がると更にいいですね。