メイン画像
プロフィール

製品を上手に選ぶ心得(青汁の効果を知る)


私たちの日常生活での食事は徐々に欧米化していると言われています。

つまり、肉や脂っこい食事にシフトしつつあるということで、

私も身に覚えがあります...。

肉中心となると、野菜に多く含まれているビタミン類の摂取量が不足・・・

という傾向が日本人全体に強まってきているデータがでているんです。

そこで、とても役立つ健康食品として注目されているのが、

生の野菜を絞る事によって生まれる「青汁」です。

 

毎日の食生活で不足しがちだと言われているビタミン類をたくさん含んでいて、栄養バランスを正常な状態に維持してくれるのです。

青汁が含むビタミン類には具体的にどんな働きがあるのか、

気になるところです。

選び方に迷った方はメーカー別ランキングを参考にして下さい

さっそくビタミン類の働きを知る!

カルシウムや鉄分、亜鉛やカリウムなどに代表されるミネラルは、

身体の機能を維持・調整するために絶対に必要な栄養分です。

欠乏・過剰が起こりやすく摂取バランスを丁度良く保つのが難しいので、

日頃から意識しておくことが大切です。

 

しかし、先述したとおり近年では食の欧米化が進み、

そのバランスが大きく乱れつつあることが問題となっています。

そんな時にも青汁は役立つと言われ、注目されているんです。

不足しがちなミネラルを豊富に含んでいて、

過剰摂取してしまっているミネラルのバランスをとる役割も果たします。

そんな青汁に含まれるミネラルの機能や働きを徹底的に分析していきます。

 

さっそくミネラル類の働きを知る!


目的別に青汁を考察してみましょう!

生活習慣病を予防・改善したい!

最近になって大きく注目されはじめた疾患・・・

それがメタボリックシンドロームに代表される「生活習慣病」です。

自覚症状がないということから「何ともないからきっと大丈夫だろう・・・」と思われてしまいがちですが、
実は合併症を引き起こすということから、非常に危険性の高い疾患だと考えられます。

主な症状としては、動脈硬化や糖尿病、高血圧などが挙げられますが、これらを原因として脳梗塞や心筋梗塞が引き起こされます。
また、実はガンも生活習慣病の一種だと考えられています。

主な原因として考えられているのが、食生活やストレス、飲酒、喫煙などによる血行不良です。

具体的には「悪性のコレステロールの増加」によるドロドロ血液が根本的な疾患の発症要因だと考えられています。

これを解決できるのが、コレステロール値を減少させることが出来ると言われている青汁です。

その具体的なメカニズムや知っておきたい知識などを詳細に説明しています。

詳細を見てみる

アンチエイジングで美肌になりたい!

「いつまでも若々しい姿でいたい・・・」「出来ることなら若返りたい・・・」「昔のようなハリのある肌を取り戻したい・・・」

年齢を重ねるとともに、こういった悩みは付きまといます。
女性ならなおさらでしょう。

加齢は身体の新陳代謝の機能を低下させていくということであり、
これを引きおこす要因として、近年【活性酸素】という物質の存在が明らかになっています。

簡単にいうと、身体を錆びつかせてしまう物質で、ストレスなどの要因によって増加します。
この物質の発生をおさえる【酵素】という体内で分泌される成分は若いうちは活発に増えますが、
年齢を重ねると、どうしても分泌量が減ってしまうのです。

こういった原因で「老化」という現象が起きるということが科学的に明らかになっています。
だからこそ、科学的に老化をくいとめる方法も編み出されるようになりました。

それが「アンチエイジング(老化を食い止める)」なのです。
青汁はアンチエイジングに役立てられる健康食品の代表と言われています。
ここでは、その詳細について解説しています。

詳細を見てみる

なかなか続かない人へ…

青汁のイメージとして、みなさんが思いつくのはどんなものでしょうか?

一般的には「まずくて苦い」というイメージが定着してしまっているかもしれません。
事実、私もそう考えていた一人でした。

しかし、実際にはそんなことはなかったのです。
最近の青汁は栄養・使い勝手・味とあらゆる面で進化し続けているのです。

一昔前までの製品の多くは、確かに苦くて飲みづらいものでしたが、今ではその点を改善したものが登場してきています。

これまで色々な健康食品を試したけどなかなか続かなかった・・・それ故に期待していたような成果が出なかったという人は、
青汁を改めて飲みなおしてみて下さい!

ここでは、そんな継続しやすい製品・続けられなかった人に最適な製品の選び方を紹介しています。

詳細を見てみる

ドロドロ血液のリスクとサラサラ血液のメリット

青汁の効果として代表的なのが血液をサラサラにするというもの。

最近テレビなどのメディアを中心にとりあげられているドロドロ血液の危険性を知っていますか?
実は、生活習慣病や肌の老化などの根本的な原因はここにあると言われているんです。

そんなドロドロ血液の具体的な危険性を詳細に解説しています。
また、ドロドロ血液をサラサラ血液に改善したときに期待できるメリットも紹介します。

ドロドロ血液をサラサラ血液に改善するだけで、様々な疾患を予防できるうえに、美容面にも大きな好影響が期待できるのです。

そして、青汁は血液の状態を左右する健康食品として注目されています。

詳細を見てみる


  • メーカー別!厳選青汁ランキング

    私の経験をもとにメーカー別に青汁の製品のトップ3を選びました。
    口コミや使用感をはじめ、安全性やコストなどを基準に選んでいます。
    どれも高い効果を発揮してくれた私のお気に入りで、今は目的別に使い分けていて、ここではその詳細も解説しています。

    メーカー別!厳選青汁ランキング

  • 年代別!青汁の効果・効能

    青汁は家族で飲みたい健康食品です。
    年代別に様々な効果・効能を発揮してくれるというのが大きな理由ですが、具体的には一体どのような機能があるのでしょうか?ここでは、その詳細について紹介しています。お子様からお年寄りまで男女を問わずに積極的に摂取しましょう!

    年代別!青汁の効果・効能

  • 原材料別!青汁の魅力とは?

    青汁と一口にいっても、現在では様々な原材料が使用されています。
    当然のことながら、材料が異なれば含まれる成分・栄養素も一味かわってきます。結果的には青汁の効果も左右することになるポイントなのです。ここでは、原材料別の機能の違いを詳しく解説しています。

    原材料別!青汁の魅力とは?


青汁の効果一覧

貧血に対する青汁の効果は?

そもそも貧血って?

学生時代に朝の集会などで突然めまいがして倒れてしまった・・・
そんな経験を持っていらっしゃる方もいるかもしれません。
もしくは、そんな状況にいあわせた事がある・・・という人は沢山いらっしゃるかと思います。
ご存じの方も多いかも知れませんが、それが貧血です。

具体的なメカニズムとしては、血液が薄くなってしまうということが大きな要因と言われており、
酸素を運ぶヘモグロビンという成分が減ることで引き起こされてしまうと言われています。

具体的な症状としては、動悸や息切れなどが挙げられますが、この他に倦怠感が伴うこともあります。
身体が蒼白になってしまっている時も貧血を引き起こしているサインと言われています。

自覚症状がほとんど見受けられないケースも稀にあるようです。
では、これに対して一体どのような対策を施せばいいのでしょうか?
その答えのひとつとして挙げられるのが「青汁の摂取」なのです。

青汁は貧血に効くのか?

ずばり!この答えはYESです。
そして、この働きを支えてる成分が「葉酸」という栄養。
葉酸を非常に効率よく摂取できるということから、注目されているのです。

どんな成分が効果を発揮するんだろう?

葉酸は造血に働くビタミンとも言われています。
葉酸という名前でも親しまれていますが、実は水溶性のビタミンB群の仲間でもあります。

赤血球を新しく作るときに必要になる成分であり、同時に細胞の生成にも役立ちます。

そのため、葉酸が不足すると貧血をおこす原因になるとも言われています。
同時に免疫力の低下にもつながって、粘膜の弱くなります。
青汁を積極的に利用して葉酸を摂取し、貧血を予防・改善しましょう。


むくみに対する青汁の効果は?

そもそもむくみの原因って?

女性・男性を問わず、むくみに悩んでいる方は多いでしょう。
身体が浮腫んでいると見た目にもマイナスイメージですから、大きな悩みの種になってしまいますよね。

この症状は具体的に言えば、顔や手足などに水がたまって腫れてしまうという状態を指しています。
老廃物などが蓄積されてしまうことも大きな原因と言われています。
もちろん痛みを伴うことはありませんが、予防・改善できれば、それに越したことはありません。

青汁はむくみに効くのか?

この答えはズバリ「YES」です。
特に明日葉を原料としているものが高い効果を発揮すると言われています。
その理由は特有成分である「カルコン」という栄養素・・・
明日葉にしか含まれていない栄養であり、その効能は非常に多岐にわたります。

もちろん明日葉以外の原料を使った製品でも効き目はあらわれるでしょう。
明日葉の製品なら「ふるさと青汁」がおすすめの逸品。

どんな成分が効能を発揮するんだろう

明日葉の場合は上記のようにカルコンの作用によってむくみの解消が期待できます。
これは老廃物を洗い流す機能があるという点がおおきなキーポイントになっているのでしょう。

また、その他にもカリウムがむくみ解消を期待できる栄養素として注目できます。

カリウムは日常生活において摂取するのが難しいと言われており、不足しがちになってしまうミネラルの一つです。
カリウムが不足した状態だと排尿困難を引き越してしまうため、
老廃物や古い水分を体外へ排出するのが困難になってしまうのです。

カリウムとカルコンでむくみを解消し、スッキリした身体を手に入れましょう。


ニキビに対する青汁の効果は?

そもそもニキビの原因って?

一般的には、ニキビは思春期に顔にあらわれる吹き出物を指しています。
この思春期ニキビの原因と言われているのは、一言でいえばホルモンバランスの乱れです。

この時期は男性ホルモンや女性ホルモンの分泌量が大きく変化するため、
その影響でニキビが出来てしまうことがあります。
常に肌を清潔にすることが最善の解決策だと考えられています。

それに対して、大人ニキビと言われている吹き出物もあります。
この大人ニキビの原因は主に生活習慣の乱れだと言われていて、
具体的な要因としては寝不足やストレス、食生活などが挙げられます。

青汁はなぜニキビに効くのか?

そんな大人ニキビの改善にもっとも効果的だと言われている健康食品のひとつとして青汁が挙げられます。
生活習慣の乱れでも最も意識したいのは食生活であり、野菜不足の改善でしょう。
その点を十分にサポートできるのが青汁なのです。
さらに、血液をサラサラにすることによって身体の中からニキビを予防・改善することが出来ます。

どんな成分が効果を発揮するのだろう?

青汁に含まれている成分のほとんどが直接的にしろ間接的にしろニキビに効きます。
例えば、豊富に含まれている食物繊維は腸のぜん動運動を促すので便秘解消に効果があります。
便秘はシミやニキビなどの肌の不調も併発すると言われていることからも分かるとおり、
これによってニキビが解消されることもあるかもしれません。

この他には、ビタミンCなどの抗酸化物質が身体を錆びつかせる活性酸素の発生を防ぐことによって、
ニキビ・吹き出物の発生を予防することにつながる可能性もあります。

日常では摂取しづらい成分が豊富に含まれているので、身体が必要とする栄養のバランスをとれるのです。
これが、ニキビに効く最大の要因として挙げられるでしょう。


安眠に対する青汁の効果は?

寝不足が引き起こす悪影響?

ストレス社会とも言われている現代日本において「睡眠」は欠かせない生命活動の一つと言えます。
しかし、寝不足や不眠症など「安眠」とは程遠い状況におかれている人は意外に多いようです。

寝不足は心身ともに悪影響を及ぼすということから、出来れば避けたい状態ですが、
具体的には注意力の散漫や疲労の蓄積はもちろんのこと、生活習慣病の原因となったり、
最悪の場合は結果的に癌(がん)の原因になってしまうこともあります。

だからこそ、毎日しっかりと睡眠時間を確保できるようにしたいところですが、
不眠症となればそう簡単な話ではなくなってしまうかもしれません。

そんな時に役立つのが日本を代表する国民的健康食品である「青汁」です。

青汁は安眠に効くのか?

結論から言って、青汁の原材料によっては安眠効果を持った成分があります。
つまり、摂取することで不眠症の緩和や改善につながるのです。
ただし毎日欠かさず、継続的に摂取することが必要で睡眠導入剤のような即効性はありません。
しかし、その分身体に優しい安全な効果が期待できますし、体質そのものを改善できることがメリットとなります。

どんな成分が効果を発揮するんだろう?

安眠をサポートする作用を持っている青汁の成分としては、メラトニンが挙げられます。
これは、主にケールに豊富に含まれていると言われている栄養素です。
メラトニンはアミノ酸であるトリプトファンから作り出される物質で、神経ホルモンの一種とされています。

睡眠と覚醒を司る成分と考えられていて、睡眠のリズムを調整してくれます。
もしも、不眠症だったり寝つきが悪い場合にはケールの青汁を就寝の30分から一時間くらい前に服用しましょう。


食物繊維をたっぷり摂取して便秘を解消!

食物繊維とは?

近年になってから「食物繊維」という言葉を耳にする機会が多くなったかと思います。

食物繊維は野菜から摂取できる栄養素であり、現代人にもっとも不足していると言われている成分の代表です。
青汁にも豊富に含まれていて、野菜から摂取するよりも手軽に大量に吸収することが出来ます。

水に溶けない不溶性食物繊維と水に溶ける水溶性食物繊維があり、どちらも身体に必要不可欠な要素です。
前者には、腸の働きを改善して便秘を解消する効果があるほか、有害物質を排泄する機能もあると言われています。
それに対して、後者には糖尿病を予防する働きや血中のコレステロール値を減少させる作用があります。

こんな人におすすめ

水溶性・不溶性いずれも青汁から摂取することが可能です。
こんな方は、積極的に食物繊維を摂ることをオススメします。

食欲が旺盛で太りがちな人

肉や油もの等の脂っぽい食事が多い人

便秘気味の人

痔疾が気になっている人

血圧やコレステロール値などの血液に不安がある人

以上の人は食物繊維をどうやって摂るべきかじっくりと検討してみた方が良いかもしれません。

生活習慣病の予防を考えている人は・・・

食物繊維は生活習慣病の予防を考えている人にとって必要不可欠な要素です。
だからこそ、積極的に青汁を飲んで不足しないようにするべきだと言えます。

メタボや高血圧はもちろん、糖尿病などの予防にも役立つでしょう。